【銘柄診断】プラマテルズは海外の好調が本格寄与、出直りトレンドを継続へ

2010年11月30日 11:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■割安訂正高迫る実力株

  プラマテルズ <2714> は4月27日の高値401円から調整局面に入っていたが、11月9日の303円で遅まきながらの底打ちとなり、以後は戻り機運を強めている。

  4月高値は4月26日に今3月期の4期ぶりの増益転換見通しが発表された翌日である。その業績は4月発表時の営業利益7億3000万円の見通しが8億4000万円(前期6億6300万円)に増額修正されており、実態面の比較ではここからの上値余地は大きい。業績好調の要因は中国及びベトナムで自動車、家電向けに合成樹脂需要が大きく伸びたこと。特に香港、上海、大連法人の業績寄与が目立った。

  第3四半期以降の全般的な経済環境に不透明さはあるが、海外法人の好調さは後半も継続すると見ている。配当利回り3.8%、PBR0.5倍と株価は基本的に割安水準にあるうえ、業績増額でPERも6倍台と低評価が目立ってきた。出直りトレンド継続の方向が予想される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題株】ホソミクロンは日清粉Gの株式取得を追撃材料に急反発(2010/11/30)
寿スピリッツの「熱狂的なファンづくり」に取り組む河越誠剛社長に思いを聞く(2010/11/30)
出遅れ株は深追いするな=犬丸正寛の相場格言(2010/11/04)
ブレーキの利かない車と相場は怖い=犬丸正寛の相場格言(2010/11/02)
夢も相場も夜ひらく=犬丸正寛の相場格言(2010/10/28)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース