iOS 13.5.1、バックグラウンドアプリがバッテリーを大量消費するとの報告急増

2020年7月12日 18:11

iOS 13.5.1でバックグラウンドアプリがバッテリーを大量に消費するとの報告が急増している(Mac Rumorsの記事Neowinの記事9to5Macの記事)。

「Music」アプリのバックグラウンドアクティビティーがバッテリーを大量に消費する問題はApple Communityで4月に(iOS 13.4.1)報告されていたが、7月に入ってコメントが急増。iPhone 11を購入したばかりというユーザーは一度も使っていないMusicアプリが18時間で95%のバッテリーを消費し、デバイスが異常に熱くなると報告している。Mac Rumorの記事では主にMusicアプリの問題を取り上げているが、読者のコメントによれば他のアプリでも同様の問題が発生しているようだ。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ソフトウェア | 電力 | バグ | アップル | iOS | 音楽

 関連ストーリー:
フランス当局、バッテリーの劣化したiPhoneの意図的なパフォーマンス低下問題でAppleに2,500万ユーロの罰金 2020年02月15日
Apple、iOSで非正規バッテリーや非正規ディスプレイ使用時に警告を表示する機能を追加 2019年09月27日
Apple、サードパーティーがバッテリーを交換したiPhoneの表示変更はユーザーを守るためだと説明 2019年08月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

iOSAppleiPhoneiPhone 11iOS 13