1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 商社・卸売業(5)

商社・卸売業のニュース(ページ 5)一覧

rss

三陽商会(東京、岩田功社長)は、同社取締役会の任意の諮問委員会として、「指名委員会」を設置することを、きょう20日開催の取締役会で決定した。 01/20 21:55

トゥラクルガン火力発電所の建設予定地。(出典: 国際協力機構(JICA))

三菱商事株式会社と三菱日立パワーシステムズ株式会社は、ウズベキスタン共和国のトゥラクルガン地区で計画されていた火力発電所の新規建設工事を、フルターンキー(全業務請負)契約で受注した。 11/21 17:53

豊島は農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」への参画を発表した。「ジャパンハーヴェスト2016」において農業女子のためのスタイリングを提案するファッションショーや、野菜を使った染料技術による雑貨の販売などを行う予定。

豊島は農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」への参画を表明した。 11/07 09:38

伊藤忠商事が米国ブランド品で韓国市場を狙う。 10/08 16:25

三井物産が出資するモアティーズ炭鉱の位置を示す図。(三井物産の発表資料より)

三井物産は、総合資源会社のVale S.A.(Val社)がモザンビークで開発中のモアティーズ炭鉱に出資すると発表した。 10/01 21:20

住友商事は13日、ケニアの代理店と動物薬の販売に関する販売代理店契約を締結したと発表した。 09/13 16:46

丸紅が新設のための調査に協力するガス焚複合火力発電所の候補地を示す図。(丸紅の発表資料より)

丸紅は、ナイジェリアの Egbin Power Plc (エグビンパワー社)との間で、ラゴス州におけるガス焚複合 火力発電所開発に関する覚書に8月28日付で調印したことを発表した。 08/30 17:36

8月5日、総合商社大手6社の2016年4~6月期(第1四半期)決算が出揃った。 08/17 10:51

三井物産はアジア最大手の中間所得層向け病院グループの株式を取得する。図は、今回の投資のスキームを示すもの。(三井物産の発表資料より)

三井物産は、アジアでの病院経営に参画するために、アジア最大手の中間所得層向け病院グループColumbia Asia Healthcare Sdn.Bhd.(本社:マレーシア)及びColumbia Asia Hospitals Private Limited(本社:インド)(以下「コロンビアアジアグループ」)の持株会社からの第三者割当増資引受と複数株主からの株式取得を決定と27日、発表した。 07/28 12:22

伊藤忠商事は28日、米国子会社のNAES Corporation(以下、NAES社)を通じ、米国で発電所の運転・保守サービスなどを手掛けるPurEnergy LLC社(本社:ニューヨーク州、以下「PurEnergy社」)を買収したことを発表した。 06/28 15:48

三井物産が開発する西豪州沖合未開発油田群の位置を示す図。(同社発表資料より)

三井物産は27日、40%権益を保有する西豪州沖合未開発油田群の商業開発(グレーターエンフィールドプロジェクト)に最終投資決断を実行したことを発表した。 06/27 14:24

伊藤忠商事は22日、香港の資源開発会社CITIC Resources Holdingsと石油・ガス開発分野での協業を強化していく覚書を締結したと発表した。 06/22 15:14

モザンビークのSyrah社鉱区とプラント建設予定地を示す図(丸紅の発表資料より)

丸紅は10日、オーストラリアのSyrah Resources Limited社(以下、Syrah)と、Syrahがモザンビークで採掘する天然黒鉛鉱石を原料とする球状化天然黒鉛の日本・韓国向け独占販売契約を締結したことを発表した。 06/10 16:38

伊藤忠商事ら3社が出資するインドネシアで石炭火力発電所の建設を手掛ける事業会社は、総額約34億米ドル相当の融資契約を国際協力銀行などと締結した。図は発電所の位置を示すもの。(伊藤忠商事の発表資料より)

伊藤忠商事、電源開発、インドネシアのPT ADARO POWER社(本社・インドネシア)の3社が出資する事業会社PT. BHIMASENA POWER INDONESIA(同)は3日、総額約34億米ドル相当の融資契約を、国際協力銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などと締結した。 06/05 09:44

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告