ホーム > ニュース一覧 > 商社・卸売業(2)

商社・卸売業のニュース(ページ 2)

住友商事、2Qの売上総利益は前年同期比-20% 資源価格下落や電⼒EPC案件ピークアウトが影響

兵頭誠之氏:みなさまお忙しい中、本日はご参加いただきまして誠にありがとうございます。
11/18 09:28

住友商事、1Qは資源・非資源でいずれも減益となり、一過性を除く業績は前年比-400億円

兵頭誠之氏:ただ今紹介にあずかりました、兵頭です。
10/26 20:46

丸紅、1Qの実態純利益は前年比16%減 資源分野での石炭価格の下落などが主因

古谷孝之氏(以下、古谷):本日はお時間を頂戴しましてありがとうございます。
10/01 19:44

「農業総研」は、流通改革で農業の底上げを図る

日本の農業の在り方が問われている。
09/25 18:42

内田洋行、ICT基盤の強化で大幅増収増益を目指す

内田洋行は、地域包括ケアを実現する高齢者介護クラウドシステム「絆コア」を、9月1日に発売する。
08/24 19:13

住友商事、自動車エンジニアリング事業に参入 新会社を設立

住友商事は21日、自動車の設計・開発領域におけるエンジニアリング事業を手掛ける「SCオートモーティブエンジニアリング(以下、SCAE)」を設立、自動車エンジニアリング事業に参入すると発表した。
08/24 07:33

アズワンがECに注力する理由

Eコマースの導入で成長。メディアでそんな見出しに接する機会が増えた。
07/31 18:21

北村紙店が破産、コミケ中止が決定打の1つに

和洋紙卸の北村紙店が5月14日、東京地裁に自己破産を申請した。
05/20 20:07

丸紅、3Qは純利益が34%減少し通期見通し400億円下方修正 年間配当金は1円増配の35円

矢部延弘氏:2019年度第3四半期の連結決算と通期の見通しについて説明します。
02/28 09:21

サンリオ、国内物販やテーマパークは好調も、国内外でライセンスが苦戦して上期は減収減益で着地

江森進氏:それでは、資料に基づいてご説明申し上げます。
01/30 08:33

丸紅、キャッシュ・フロー経営と成長投資により純利益3000億円を目指す

丸紅は6日、中国・米国・ドイツを拠点にEVの開発・製造を行うBYTON社と、資本業務提携で合意したことを発表した。
01/13 06:15

豊田通商、売上総利益が減少するも、為替差損益の良化によって営業利益は12億円増加

貸谷伊知郎氏(以下、貸谷):社長の貸谷でございます。
01/09 19:09

豊田通商、アフリカ事業と次世代モビリティ戦略推進で純利益1700億円へ

豊田通商は16日、カンボジアにおいて日本企業の進出支援を強化するため、第2期レンタル工場の建設を開始すると発表した。
12/22 20:29

日本ライフラインの中計に覚える期待

収益的に「踊り場」を迎えた感があるが(手元の四季報の業績欄の見出し:横ばい)、先々に夢を持たせてくれる企業も少なくない。
12/19 06:56

双日、着実な成長により連続最高益更新を目指す

双日は11月15日、ミャンマーで通信インフラ事業を展開するイードットコー社へ出資参画すると発表した。
12/01 08:34

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む