ホーム > ニュース一覧 > 建設(3)

建設のニュース(ページ 3)

大建工業、廃材・未利用材活用強化にグリーンボンド発行 建材業界初

大建工業は19日、国内建材業界では初となるグリーンボンドを、9月に公募形式で発行すると発表した。
08/20 13:39

上場ゼネコン、売上高最高も減益 人件費等高騰で利益ピークアウトか

日本経済は先行き不透明な指標も見られるものの今のところ堅調に回復傾向で推移している。
08/20 12:36

清水建設による大型洋上風力発電建造船建設の持つ意義

歓迎すべき、かつ期待したいニュースに接した。
08/20 07:55

イーロン・マスクのトンネル会社ボーリング・カンパニー、中国でも展開へ

イーロン・マスク氏は地下トンネルを用いた高速移動システムを開発する「The Boring Company(ボーリング・カンパニー)」を設立しているが、氏はこの事業を中国でも始める予定だという。
08/08 12:43

積水ハウス、ドローンやロボット用いた住宅の点検診断 8月より開始

積水ハウスでは、同社が販売した戸建て住宅の定期点検向けサービスとして、ドローンと床下点検ロボット、小屋裏点検ロボットカメラを用いた「スマートインスペクション」を、8月1日より開始する。
07/16 16:06

ライト工業、7期連続増配の背景

2-3期の連続増配なら「突如吹いたフォローの風」で実現することもありうる。
07/16 07:47

異例のスタートだったLIXILのガバナンス問題、会社提案退けられる異例の形で終結

LIXILグループの株主総会が25日開催され、株主提案の8名全員が選任されたのに対して、会社提案からは6名の選任に止まり、株主提案による取締役が過半数を占めることが確定した(当初、株主提案の取締役候補に挙げられたのち、会社提案候補にも重複していた鬼丸かおる氏と鈴木輝夫氏は株主提案候補として算入している)。
06/26 20:54

ガバナンスが問われているLIXILに、最終章が迫っている! (2-2)

最終黒字を見込んでいた19年3月期決算が一転して赤字になったのは、11年に約600億円で買収したイタリアのペルマスティリーザ社に関わる減損損失の計上による。
04/25 11:56

ガバナンスが問われているLIXILに、最終章が迫っている! (2-1)

18年10月に行われた前CEOの瀬戸欣也氏を巡る解任過程が不適切で、企業統治(ガバナンス)上の問題があるとして、マラソン・アセット・マネジメント(英機関投資家)らから臨時株主総会の開催請求を受けたLIXILに関わる動きが切迫して来た。
04/25 11:55

大成建設、海外市場の取り組みと重点分野の強化により成長基盤を構築

大成建設は4月5日、超高強度繊維補強コンクリート(以下UFC)を適用し、2002年に竣工した歩道橋「酒田みらい橋」と、2007年に竣工した国内初の軌道桁「東京モノレール軌道桁」において経年調査を行い、UFC使用構造物の優れた耐久性能が健全であることを確認したと発表した。
04/15 12:10

東京・京橋一丁目東地区再開発、街区名称が「京橋彩区」に

戸田建設とブリヂストンの関連会社である永坂産業が、東京都中央区京橋で進める京橋一丁目東地区再開発の街区名称が「京橋彩区(きょうばしさいく)」に決まった。
03/29 13:53

LIXILが臨時株主総会の開催を発表 (下) 勝ち名乗りを自分にさずけた行司の、末路はどうなるか?

藤森氏の退任が発表された時点で、後任者として注目を集めたのが、当時工具の通販で注目を集めていたMonotaRO(モノタロウ)の瀬戸欣哉会長(55)だ。
03/26 20:48

LIXILが臨時株主総会の開催を発表 (上) 何故、ここまで追い込まれたのか?

18年10月に火の手を上げたLIXILグループの代表者人事を巡るごたごたは、いよいよ潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)と山梨広一最高執行責任者(COO)の解任の是非を問う臨時株主総会の開催を発表するに至った。
03/26 20:29

トプコンとオートデスクが提携、建築現場での効率改善ソリューション提供へ

トプコンとオートデスクは12日、建設、土木作業現場の生産性向上を図るワンストップソリューションを提供するため、戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。
03/13 20:03

高力ボルトの不足が深刻化、建築工事に遅れ

ビルや橋梁などの鉄骨で使われる高力ボルト(ハイテンションボルト)が不足しているという。
02/15 23:33

住友林業の「木造」70階建てビル構想に期待したい

住友林業が昨年2月に「2041年までに都内で高さ350m・地上70階建ての木材を主部材としたビルを建設する」という構想を発表して1年近くが経つ。
02/04 12:30

大林組と清水建設、リニア談合で120日間の営業停止処分

国土交通省関東地方整備局は18日、一昨年末頃より取り沙汰されていたリニア中央新幹線の駅工事などに係る談合事件で、大林組と清水建設に対し120日間の営業停止処分を下した。
01/19 19:30

清水建設、リアルタイムの遠隔立会システム開発 検査業務の働き方改革を実現

清水建設株式会社(住所:東京都中央区、取締役社長:井上和幸)は、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いたリアルタイム遠隔立会システムを開発したと発表した。
12/27 16:59

LIXILの迷走を故潮田健次郎氏はどうながめているのか

LIXILグループ(以下、LIXIL)の実質上の創立者:潮田健次郎氏が「あの世」とやらに旅立って7年半余りが経つ。
11/27 11:36

千代田化工、19年3月期の業績予測を大幅下方修正 1050億円の赤字に

千代田化工建設は10月31日、5月11日に公表した2019年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正すると発表した。
11/02 11:22

大和ハウス、千葉県船橋市で住宅と商業施設の大規模複合開発スタート

大和ハウス工業は、千葉県船橋市行田の「AGCテクノグラス中山事業場」跡地でスタートさせている住宅と商業施設の大規模複合開発の概要を明らかにした。
10/28 12:49

戸田建設の浮体式洋上風力発電機に期待したい

準大手ゼネコンの戸田建設は一口で言うと「真面目で地味な会社」。
09/21 15:35

建設業許可業者の減少傾向続く、ピーク時に比べ2割以上減

戦後、復興期や高度成長期に社会インフラ整備を中心に建設業が日本経済を牽引する大きな力であったことには間違いない。
05/17 15:59

三井住友建設、腐食しない世界初の橋梁で載荷試験 四半世紀経過も性能維持

三井住友建設は24日、腐食しない素材アラミドFRPロッドを用いて1990年に建設した世界初のプレストレストコンクリート(PC)橋について、その一部を撤去し曲げ載荷試験を行い、四半世紀以上経過してもアラミドFRPロッドは所定のプレストレス力を有し、PC橋は建設時に計画した通りの性能を有していることを確認したと発表した。
04/26 22:01

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む