1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 火力発電(2)

火力発電のニュース(ページ 2)一覧

5月20日、四国電力管内では一時的に自然エネルギーによる電力供給だけですべての電力需要を賄う状況になったそうだ。 08/20 21:55

デンカは6月18日、連結子会社である西日本高圧ガスなどと共同で溶解アセチレン製造・販売事業を目的とする合弁会社を福岡県北九州市に設立すると発表した。 07/04 11:42

EVが推し進められる一方で、ガソリンエンジンの熱効率向上競争となってきた。 05/03 20:42

中国は、桁外れの世界最大の自動車市場となっている。 04/23 09:23

ダスト濃度自動計測器(写真:経済産業省の発表資料より)

経産省は、大気環境保全対策及び監視等を目的として、自動計測による連続モニタリングで幅広く使用されているダスト濃度自動計測器について、JIS B7996(排ガス中のダスト濃度自動計測器の性能評価方法)を制定したと発表した。 02/01 06:39

(c) 123rf

世界的な石炭火力発電の需要減退が鮮明になって来た。 01/29 17:15

(グラフ: トレンド総研の発表資料より)

一年の中で電気代が最も高い季節は?と問われれば、多くの人々が「冬」と答えるのではないだろうか。 01/04 22:06

EVは、実用レベルにもう少しのところまで来ている。 12/26 23:47

100年に一度の変革期と言われる自動車産業だが、これだけパワーシステムの種類があるとユーザーは選ぶのに困る。 12/17 11:52

化石燃料による火力発電に依存するEV化推進では、二酸化炭素搬出削減で、未だハイブリッド車に及ばない。写真はHVの代表「プリウス」

2017年、欧州主要3カ国、英仏独・政府が2040年までに、自国内で販売する内燃機関をパワーユニットとして搭載したクルマ、つまりガソリンとディーゼルエンジン車の販売を全面的に禁止すると発表して話題となった年として記憶されるだろう。 12/11 08:39

プロジェクトサイト地図(画像: 豊田通商の発表資料より)

豊田通商は4日、ユーラスエナジーとともに、エジプト初の風力発電事業に参画すると発表した。 12/04 23:01

「SKYACTIV-X」(写真: マツダの発表資料より)

「Well to Wheel」(油田からタイヤまで)を総合してCO2削減を見なければならない。 10/31 11:58

東芝問題が今日時点で未だ決着を見ないでいる。入り口は傘下に収めた原発メーカー「ウエスチングハウス(WH)」の経営不振だった。 10/28 14:42

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と伊藤忠商事は11日、セルビア共和国のニコラ・テスラA石炭火力発電所に対する排煙脱硫装置(FGD)2基の設置プロジェクトを受注したと発表。 09/12 07:41

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告