1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 大阪大学(4)

大阪大学のニュース(ページ 4)一覧

葉緑体のタンパク質輸送モーターは、不要になったタンパク質を分解する酵素から進化したものである。(画像:大阪大学発表資料より)

植物が光合成に用いる葉緑体は元々植物それ自体とは別の生物であった。 10/15 08:07

スダジイの分布モデル。(画像:大阪大学発表資料より)

約2万1,000年前の最後の氷河期(最終氷期最寒冷期)において、日本列島の常緑広葉樹の代表的な存在であるシイのなかまスダジイが、どうやって生き延びたかという問題について、大阪大学などの研究グループが発表を行った。 10/02 11:51

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰着してから8年、ふたたびその名が表舞台へと躍り出た。 08/26 10:26

「今回とこれまでにわかった小惑星イトカワの歴史」。(画像: 大阪大学の発表資料より)

探査機はやぶさが微粒子を持ち帰った小惑星イトカワは、約46億年前に誕生しており、約15億年前に他の天体によって、衝撃変成を受けていたことが分かったと発表された。 08/09 20:19

大阪大学の石黒浩教授、京都大学の河原達也教授らは7月31日、移動型の子供型アンドロイド「ibuki(イブキ)」を開発したことを発表した。 08/02 11:35

長期飛行を終えた帰還後の宇宙飛行士に、眼球後部平坦化(青矢印)や視神経鞘拡大(赤矢印)が、MRI画像で報告されている。その機序として、著者らは視交叉上方移動(緑色矢印)に続く、視神経の後退(黄色矢印)、拡大・変形(赤矢印)を論文の中で指摘した。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学などの研究グループは、長期宇宙滞在後の宇宙飛行士に見られる特有の眼病の原因を明らかにした。 07/11 12:01

負ミュオンが半導体メモリデバイスに入射し、負ミュオン捕獲反応で発生した二次イオン(陽子やヘリウム等)により電荷が付与されて、ビット情報反転が生じる現象の模式図。(画像:九州大学発表資料より)

ミュオン(ミュー粒子とも言う)は、1936年に発見された宇宙線の一種である。 06/04 09:27

スーパーコンピュータ「京」(左)とダイオメガ(ΩΩ)のイメージ図(右)。(画像:理化学研究所発表資料より)

未知の新たな粒子、「ダイオメガ(ΩΩ)」の存在が理論的に予測された。 05/25 18:12

日本電産、任天堂、ローム、ワコールHDといえば、京都で生まれて今や世界で稼ぐ企業の代表格。今年はその4社揃って、新社長に交代する

日本電産、任天堂、ローム、ワコールHDといえば、京都で生まれて今や世界で稼ぐ企業の代表格。 05/14 09:48

インスリンの化学合成。(画像:東海大学発表資料より)

主に糖尿病の治療に用いられるインスリンの簡便な化学合成法が開発された。 05/11 18:00

大阪大学産業科学研究所で紙の電子ペーパーが開発された。 04/27 19:39

画像はイメージです。

理化学研究所は24日、大阪大学や慶應義塾大学、日本医療研究開発機構と共同で日本人のゲノム解析を行い、日本人の適応進化に関わる遺伝子領域を明らかにしたと発表。 04/26 07:01

実証試験を実施した神戸ポートアイランドに設置した実証プラント(写真:大林組の発表資料より)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業において、大林組と川崎重工業は20日、市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による熱電供給を世界で初めて達成したと発表した。 04/25 12:07

良質な抗体を作るプラズマ細胞が誕生する経路。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

ウィルスや細菌(病原体)から感染を守るための抗体が作られる経路が解明され、より効果の高い新しいワクチン開発への期待が高まっている。 04/22 08:15

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告