1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > エンタメ
  4.  > アニメ・マンガ・特撮
  5.  > モビルスーツ(1)

モビルスーツのニュース一覧

本企画のキービジュアル (c) Tokyo2020 (c) 創通・サンライズ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大学は15日、アニメ『機動戦士ガンダム』の「ガンプラ」を搭載した超小型衛星を打ち上げるプロジェクトを発表した。 05/16 22:00

NHKは「全ガンダム大投票」と題して、視聴者の好きな「ガンダム」投票を3月から開始。 05/09 16:17

語り継ごう!「 機動戦士ガンダム 」ジオン の熱き血潮!

「機動戦士ガンダム」この一大SF大河ドラマともいうべきロボットアニメシリーズは設定が非常に練って作られており、多面的な見方をすることができるところも面白さの一つです。 11/11 12:50

FW GUNDAM CONVERGE WHITE BASE &CONVERGE:CORE V作戦セット(C)創通・サンライズ

TVアニメ『機動戦士ガンダム』で活躍した戦艦「ホワイトベース」が、全長約36cmの大ボリュームで食玩として立体化される。 11/10 06:47

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER スタッフトークショー公式レポート(C)創通・サンライズ

太田垣康男による『 機動戦士ガンダム サンダーボルト 』(ビッグコミックスペリオール)が 08/20 19:46

『 機動戦士ガンダム SEED DESTINY 』アウル・ニーダとアビスガンダム、口は軽くても実力は本物!?

今回触れていくのは、アニメ『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場するアウル・ニーダと、彼の愛機であるアビスガンダムについてです。 07/12 11:00

哀戦士 が私達に伝えた事。名作・機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士 の魅力を探る©創通・サンライズ

現在でも新作が作られているロボットアニメ「ガンダム」の最初の作品の劇場版第二作「 哀戦士 」についてのコラムになります。 06/15 15:54

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が4週間限定全国35館にて上映

1979年にTV放送された、日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。 04/24 11:31

検証!「 機動戦士ガンダム 」 モビルスーツ の兵器としての実用性!©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS ©創通・サンライズ・テレビ東京

「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する兵器、モビルスーツの実用性を、そのサイズや武器の種類、現実の兵器の運用法などに照らし合わせて検証した記事です。 04/24 11:27

『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』からMGシリーズを再販! 『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』HGUC 1/144 ジム・スナイパーの予約も開始!!

ガンダムシリーズから、量産機好きにはたまらないガンプラの再販&新作の販売です。 04/24 11:21

泥臭く、従来のガンダムよりも戦争する人間の様子を描いた『鉄血のオルフェンズ』(c)創通/サンライズ/NBS

■いよいよ最終回を迎える『鉄血のオルフェンズ』 2016年10月から放送がスタートした『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』の第二シーズン。 04/01 21:33

ガンダムとザクの死闘が蘇る『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(c)創通・サンライズ

現在『ビッグコミック スペリオール』にて連載中の『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は、好評を受けてOVA作品としてアニメ配信が2015年からスタート。 03/26 21:47

古き時代から語られる人のカタチを描く「 勇者警察ジェイデッカー 」©サンライズ

「今までに見たアニメで心に残っているものはありませんか?」と言われれば誰しもいくつか頭に浮かぶと思います。 03/23 11:37

『 機動戦士ガンダム00 』強くてカッコイイ量産機、ジンクスⅠ~Ⅳは、パーツの交換だけでバージョンアップさせることも可能なロマンの塊!!© 創通・サンライズ・毎日放送

ガンダムの魅力は量産機にこそある! 03/20 14:03

 1 2  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告