銀行間の送金手数料、数十年ぶりに値下げへ 10月から引き下げを予定

2021年3月5日 08:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

銀行間での取引時に発生していた送金手数料が値下げされる方向で固まったそうだ。これまでこの手数料は50年近く変わってこなかった。この送金手数料が高いことから、キャッシュレス決済や送金業者の新規参入を妨げているとする指摘が公正取引委員会から出ていた。現在の手数料は3万円未満で117円、3万円以上で162円となっているが、これを10月1日から一律62円に変更するとしている(NHK読売新聞日経新聞テレ朝NEWS)。

この銀行間の取引には「全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)」が運営している全国銀行データ通信システム(全銀システム)といわれるネットワークが使用されている。今回の値下げは、銀行間の資金決済を担当している全銀ネットと金融庁とが協議の末に決まったとしている。これに伴い入金時に必要とされる振り込み手数料も値下げされる見込み。現在はATMでキャッシュカードを利用し、他行に送金すると3万円未満なら税込220円から330円、3万円以上なら税込み440円の振込手数料が必要となっている。

 スラドのコメントを読む | お金

 関連ストーリー:
銀行間の送金時に必要な手数料、公正取引委員会が引き下げ要求へ 2020年04月14日
銀行間振り込みの24時間365日運用が始まる 2018年10月11日
全銀協、銀行間送金ネットワークの稼働時間延長を決める 2014年10月29日
ゆうちょ銀―民間銀行接続 トラブルなし 2009年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード公正取引委員会金融庁キャッシュレス決済

関連記事

広告