1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 経済一般
  5.  > 公正取引委員会(3)

公正取引委員会のニュース(ページ 3)一覧

公正取引委員会がアマゾンジャパンや楽天、ヤフーの国内ネット通販大手3社とAppleおよびGoogleについて、これら企業の取引先に対しアンケート調査を行うとのこと。 03/01 23:43

「優越的地位の濫用」とは,取引上の優越性が明らかな片方の当事者が、取引相手に対して通常の商取引では成立しないような不利益を不当に加えることを言う。 02/28 13:32

公正取引委員会が「消費者向けeコマースの取引実態に関する調査について」を発表し、メーカーやオンラインモール運営業者から小売業者に対して不透明な対応があることが分かった。 01/30 21:45

菅義偉官房長官が8月21日、札幌市内で「日本の携帯電話の利用料金には4割程度の値下げ余地がある」と講演してから3カ月、いよいよ具体的な方向性が見えて来た。 12/01 17:34

「メーカーの下請けいじめ」があるのかないのか?の議論だが、「あるに決まっているだろうに!」と言っておきたい。 11/02 17:01

企業が談合やカルテルなどの疑いで調査を受けた場合に、弁護士とのやり取りを秘密にできる「秘匿特権」を公正取引委員会が認める方針を固めた

企業が談合やカルテルなどの疑いで調査を受けた場合に、弁護士とのやり取りを秘密にできる「秘匿特権」を公正取引委員会が認める方針を固めた。 10/19 09:32

中小企業の知的財産権が侵害されていないかどうかをめぐり、公正取引委員会がいわゆる「下請けいじめ」の調査に乗り出す

中小企業の知的財産権が侵害されていないかどうかをめぐり、公正取引委員会がいわゆる「下請けいじめ」の調査に乗り出す。 10/05 16:49

ヤフーのブラウザゲームプラットフォーム「ゲームプラス」に対し、Appleが圧力をかけていたと報道が出ている。 08/19 10:39

携帯キャリアには、顧客の契約をつなぎとめる「2年縛り」「4年縛り」という魔法のアイテムがある。 08/09 12:30

米Appleおよびアップルジャパンが、公正取引委員会からの指摘を受けて国内の携帯電話事業者(キャリア)へのiPhoneの納入契約を見直すという。 07/15 18:20

大手携帯通信会社が回線を貸し出したMVNOから受け取る「接続料」について、公正取引委員会が「算定根拠が不透明で、競争阻害の可能性がある」との報告書案をまとめた。 06/25 18:22

この状態では、ブレーキ系統に「エアー」が入ってブレーキの利き具合がおかしいと気づくのは難しいかもしれない。 06/18 20:38

アマゾンジャパンが取引業者に対し不当に「協力金」を負担させていた疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で同社に立ち入り検査を行った(日経新聞、朝日新聞)。 03/17 14:02

(c) 123rf

前記のように、中小零細企業・個人事業主の利益率が向上するはずもなく、親会社が「吸い上げている」のが実態としてあるのだが、下請けは取引を止められるので、決して訴え出ることはできない。 02/05 07:45

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告