ホーム > ニュース一覧 > 政治・社会 > 稲田朋美(6)

稲田朋美のニュース(ページ 6)

南スーダンへ行きたい気持ち変わりない―稲田朋美防衛相

予防のための抗マラリア薬服用によるとみられるアレルギー症状発症のため、南スーダン入りを諦めた訪米中の稲田朋美防衛大臣は16日、記者会見で「現状をしっかりと見ていきたいという思いもあって、何とか南スーダンに行きたいと思っていたわけですが、その気持ちは今も変わりません」と話した。
09/17 11:30

核抑止力、安全保障に現況必要との認識示す―稲田朋美防衛相

渡米中の稲田朋美防衛大臣は16日、カーター国防長官と日米防衛相会談を行った後、記者会見し、核について「唯一の被爆国である日本として、核のない世界を目指していくことは重要だ」としながらも「現実問題を考えたとき、核の抑止力ということもまた重要だろうと考えている」とし、核抑止力が安全保障を担保するうえで、現況、必要との認識を示した。
09/17 11:29

抗マラリア薬にアレルギー、南スーダン訪問中止―稲田朋美防衛相

南スーダン訪問を17日に予定していた稲田朋美防衛大臣が、抗マラリア薬服用の副作用によると思われるアレルギー症状を発症したため、医師と相談の結果、南スーダン出張を中止することになった。
09/16 11:08

GSOMIA念頭に韓国外相が長峰大使に発言

長嶺安政駐韓・日本全権大使と韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官との13日の面談を聯合ニュースが報じた。
09/15 11:16

稲田防衛相、17日に南スーダン入り

稲田朋美防衛大臣が南スーダンを17日に訪問する。
09/15 11:13

日韓GSOMIA早期締結進めていきたい―岸田文雄外相

岸田文雄外務大臣は14日の衆院外交委員会での閉会中審査で、北朝鮮の核実験などを踏まえた対北朝鮮対応で、軍事情報を韓国と共有する「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期の締結を進めていきたい」と語った。
09/15 11:07

ミサイル防衛「THAAD配備含め調査」―稲田朋美防衛相

稲田朋美防衛大臣は13日の記者会見で、韓国が対北朝鮮弾道ミサイル対策として米国の地上発射型弾道弾迎撃システム・高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたが、日本においても「しっかり調査していく」とTHAAD配備を含めて検討していく考えを示した。
09/14 11:30

民間で運べない機材を自衛隊で搬送した―稲田朋美防衛相

稲田朋美防衛大臣は13日の記者会見で、沖縄の米軍北部訓練場でのヘリパッド建設工事を進めるため、陸上自衛隊のヘリコプターで建設機材を搬送する措置をとったことについて「工事進入路に反対される方々が長期にわたって物件や車両を放置し、陸路運送に関する機材の搬入が困難な状況が続いていた」と説明した。
09/14 08:29

北朝鮮が別坑道で核実験準備終えたもよう―韓国メディア

北朝鮮が北東部・豊渓里の核実験場の別の坑道でも核実験の準備を終えたもようだ、と 聯合ニュースが12日、報じた。
09/13 10:55

【コラム】急がれる日韓「軍事情報包括保護協定」の締結

北朝鮮が5回目の「核実験」を北朝鮮建国記念日(9月9日)に実施した。
09/10 15:35

北朝鮮の核兵器小型化、弾頭化実現「否定できない」―稲田朋美防相

稲田朋美防衛大臣は9日昼の記者会見で北朝鮮の核兵器の小型化、弾頭化の実現の「可能性は否定できない」と語った。
09/09 20:36

朴大統領と日韓新時代築いていきたい―安倍晋三首相

外務省は8日、安倍晋三総理と韓国朴槿恵大統領との首脳会談内容について、安倍総理が冒頭に「昨年末の合意以降、日韓関係が前向きに進展していることは大変喜ばしい」とし「朴大統領と共に未来志向の協力を進め、『日韓新時代』を築いていきたい、また5日の北朝鮮による弾道ミサイル発射は許しがたい暴挙であり、国連安保理を含め、日韓で緊密に連携していきたい旨を述べた」と発表した。
09/08 22:28

韓国とGSOMIA「早期締結望ましい」防衛相

稲田朋美防衛大臣は7日、記者団から北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、韓国とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定=ジーソミア=国家間で軍事上の機密情報を提供し合うとともに、漏えいを防ぐ)締結が必要と思われるが、と聞かれ「早期に締結することが望ましい」と答えた。
09/08 15:25

水陸機動団新設 2100人規模に―稲田防衛相

稲田朋美防衛大臣は7日夕の記者会見で「水陸機動団の新設見通し」について記者団の質問に答え「防衛大綱・中期防に基づいて、平成29年度の概算要求で水陸両用作戦の能力を備えた部隊を新設する計画を盛り込んだ」とし、約2100人規模になるとした。
09/08 15:19

ヘリパッド建設「過半の返還へ進めている」―稲田朋美防相

稲田朋美防衛大臣は沖縄・米軍北部訓練場のヘリパッド建設について「北部訓練場の過半の一日も早い返還に向け、移設工事を進めている」とするとともに「そういった点について、沖縄県の皆様方との理解、協力を求めていきたい」と記者会見で語った。
09/07 11:17

北朝鮮のミサイル発射、米国韓国と緊密に連携し対応―菅官房長官

菅義偉官房長官は6日、北朝鮮が弾道ミサイル発射に成功したと発表していることについて「弾道ミサイルの発射は安保理決議の明白な違反だ」と強く自制を求めた。
09/07 11:08

北朝鮮の弾道ミサイル性能、発射毎に向上―稲田防衛相

稲田朋美防衛大臣は6日、北朝鮮の弾道ミサイルの性能が発射毎に向上しているとの認識を示した。
09/07 11:07

海自の練習機最大5機と操縦方法等フィリピンに移転

防衛省は目視に頼ることなく、航空機の姿勢、高度、位置、進路の測定を計器のみにより行う計器飛行教育用の海上自衛隊練習機「TC-90」と関係器材(整備器材、地上支援器材など)技術情報(操縦、整備など)をフィリピンに移転することを両国首脳間で6日、合意したと発表した。
09/07 11:05

韓国中国首脳会談終了直後に北がノドン発射

日本政府は5日、北朝鮮が12時13分頃、西岸の黄州(ファンジュ)付近から、3発の弾道ミサイルを東北東方向に発射し、弾道ミサイルは、いずれも約1000キロメートル飛翔して、日本海上の我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定されると発表した。
09/06 11:50

【コラム】稲田防衛大臣の安保法制「運用の責務」

稲田朋美防衛大臣は今日3日で就任1か月を迎えた。
09/03 16:11

無人機の共同開発「検討していない」―稲田朋美防衛相

稲田朋美防衛大臣は2日、記者団からイスラエルのガザ地区で攻撃を繰り返しているイスラエルと無人機を共同研究あるいは共同開発することを大臣はどう考えるかと聞かれ「要件がどうかという問題だというふうに思う」としたうえで「専ら他国の領域で地上の人間を攻撃するような無人機を開発するということは考えられない」と答えた。
09/03 13:47

安倍政権はだまし討ちの暴走政治―共産・志位委員長

日本共産党の志位和夫委員長が、安倍政権に対し「だまし討ちの暴走政治」と強く非難している。
08/30 20:45

富士総合火力演習の公開、国民の防衛意識を向上―自民・佐藤正久氏

陸上自衛隊が静岡県御殿場市の東富士演習場で28日行った国内最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」の一般公開について、佐藤正久元防衛大臣政務官は「昨今の北朝鮮の挑発行為、中国の南シナ海、尖閣諸島周辺海域への進出、国際社会の声を無視する強硬な態度に国民の皆さんも危機意識を高めていることが伝わってくる」と自身のブログに書き込んだ。
08/30 09:45

25日から駆けつけ警護、基地警備の新任務訓練―稲田朋美防相

稲田朋美防衛大臣は24日の記者会見で、南スーダンPKO活動での自衛隊派遣期間の延長を視野に「駆けつけ警護」や宿営地の「共同基地警備」を含め、訓練を25日から始めると発表した。
08/25 11:10

できるだけ早い時期に沖縄訪問したい―稲田朋美防衛相

稲田朋美防衛大臣は神奈川県の海上自衛隊横須賀基地を視察後の会見で「できるだけ早い時期に沖縄を訪問したい」と語った。
08/25 11:09

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む