無人機の共同開発「検討していない」―稲田朋美防衛相

2016年9月3日 13:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は2日、記者団からイスラエルのガザ地区で攻撃を繰り返しているイスラエルと無人機を共同研究あるいは共同開発することを大臣はどう考えるかと聞かれ「要件がどうかという問題だというふうに思う」としたうえで「専ら他国の領域で地上の人間を攻撃するような無人機を開発するということは考えられない」と答えた。

 また稲田大臣は、イスラエルとの無人機共同開発については「現時点でそういった特定の国との共同開発・共同研究ということは検討していない」と明確に答えた。

 稲田大臣は、この日の会見で、日中防衛当局間の海空連絡メカニズムについて、記者団に答え「これは定期会合の開催、そしてホットラインの設置、更に艦艇・航空機間の直接通信で構成するということでは一致しているが、具体的内容については中国側と調整を継続中」とした。

 稲田大臣は「相手との関係もあるので答えは差し控えるが、日中間で累次の機会に確認しており、不測の事態の回避・防止のために、本メカニズムの早期運用開始が急務であるというふうに考えている」と早期の運用開始へ努力する考えを示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
だまし討ちの暴走政治 志位委員長が怒りの発信
富士総合火力演習の公開 国民の防衛意識を向上
米韓軍事演習対抗へ示威行動に出た可能性 防相
25日から駆けつけ警護、基地警備の新任務訓練
できるだけ早い時期に沖縄訪問したい 防衛相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード稲田朋美イスラエル

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース