1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 雇用・就職・労働(2)

雇用・就職・労働のニュース(ページ 2)一覧

新型コロナの流行で各国で在宅勤務への移行が進んでいるが、「過去数カ月にわたって在宅勤務でも事業が継続できることを証明された」、「通勤時間が不要になったことなどで生産性が高まっている」などといった理由で、IT各社ではコロナ終息後も在宅勤務を続ける企業が出てきている。 05/16 14:06

ウォンテッドリーが新型コロナ下での働き方の意識変化について調査。在宅勤務者の割合は4月頭の23%から約1ヶ月で45%へと増加

新型コロナウイルス感染症対策は長期戦の様相となった。 05/12 09:03

マツリカが営業活動のリモートワークに関する調査。88%が営業のリモート実施。77%が「生産性が上がらず。」と回答

働き方改革の一環としてリモートワークの推進が唱えられてきた。 05/10 18:40

新型コロナウイルスの影響によって、多くの業界で今、仕事や働き方の変革が求められている

新型コロナウイルスの影響によって、多くの業界で今、仕事や働き方の変革が求められている。 05/10 18:38

東京商工リサーチが2020年度「賃上げアンケート」調査。「新型コロナウイルス」感染拡大の影響で賃上げ予定する企業は72%、8割を割る

新型コロナウイルス感染症対策は長期戦の様相を呈してきた。 05/06 19:45

データサイエンティスト協会が「データサイエンティスト国内企業採用動向調査」。求められるのは複数分野の俯瞰的戦略構築で課題解決できるスキル

今やAI戦略は企業戦略とイコールになった時代といえる。 05/06 19:37

新型コロナウイルス感染の影響が長引き、未だ先が見えない状況の中、企業も従業員の安心と安全を守るための対策や対応に追われている

新型コロナウイルス感染の影響が長引き、未だ先が見えない状況の中、企業も従業員の安心と安全を守るための対策や対応に追われている。 04/26 09:51

日本経済団体連合会は会員企業1470社を対象に緊急事態発令後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として「テレワークや在宅勤務の導入状況」調査を行った

日本経済団体連合会は会員企業1470社を対象に緊急事態発令後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として「テレワークや在宅勤務の導入状況」調査を行った結果、406社から回答があり、回答社の97.8%(397社)で「導入している」ことが分かったと発表した。 04/24 09:36

新型コロナウイルス感染者拡大を受け、自宅などでのテレワーク(リモートワーク)を行う例が増えているが、これにあわせて「テレワークマナー」なるものが議論されているそうだ。 04/22 20:22

BNGパートナーズが「企業の業務委託・フリーランス人財活用について」調査

IT、AIの時代の中で労働力の流動化の必要性が指摘されてから久しい。 04/22 08:40

求人サイトを運営するディップが、アルバイト・パートや派遣社員を対象とした新型コロナウイルスによる影響の調査結果を発表し、6割超で何らかの影響が出ており、今後も含めると8割超で影響が出そうなことが分かった。 04/15 17:00

SHEが「新型コロナによる働き方への影響調査」を実施。働く女性の4人に3人が直近の経済面に不安

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い7日に非常事態宣言が発令された。 04/14 08:29

システム構築を手がけるAXIAが、従業員全員を在宅勤務に切り替えたことを契機に、東京と札幌にあるオフィスを解約したそうだ。 04/13 20:41

全国各地で入社式の中止が相次ぐ中、恒例のカンナ掛け入社式を「分散型」で実施したアキュラホーム。ロボットによる非接触の辞令交付などの工夫を凝らし、新入社員の門出を祝った。

新型コロナウイルスによる混乱が続く中、新年度が始まった。 04/12 17:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告