東京為替:ドル下げ渋りもドル買い急拡大の可能性低い

2022年7月4日 11:23

印刷

記事提供元:フィスコ

*11:23JST 東京為替:ドル下げ渋りもドル買い急拡大の可能性低い
4日午前の東京市場でドル・円は135円近辺で推移。米長期金利の低下を想定したドル売りは一巡しつつあるようだ。日米金利差の大幅な拡大が想定されているものの、ドル買い・円売りが急拡大する状況ではないとみられている、なお、本日は米国市場が休場となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は134円79銭から135円34銭、ユーロ・円は140円62銭から141円18銭、ユーロ・ドルは、1.0418ドルから1.0444ドル。《MK》

関連記事