三井化学 ボリバン-2σを下回り、いったんはリバウンドを試す展開に

2022年6月27日 08:25

印刷

記事提供元:フィスコ

*08:25JST <4183> 三井化学 - -
6月7日につけた戻り高値3335円をピークに調整を継続するなか、前週末には一時2790円まで売られた。4月27日安値2803円とのダブルボトム形成が意識されやすく、いったんはリバウンドを試す展開に向かいそうだ。ボリンジャーバンドでは-2σを大きく下回ってきており、売られ過ぎシグナルを発生。週足ベースでも-2σまで下げていることから、リバウンドが期待される。《FA》

関連記事