シェアリングT 大幅に3日ぶり反発、22年9月期の営業利益予想を上方修正、件数や単価が想定上回る/新興市場スナップショット

2022年5月13日 09:28

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:28JST <3989> シェアリングT 143 +28
大幅に3日ぶり反発。22年9月期の営業損益を従来予想の0.30億円の黒字から2.50億円の黒字(前期実績は11.30億円の赤字)に上方修正している。「暮らしのお困りごと」事業で問い合わせ件数や問い合わせ当たり単価が想定を上回る水準で推移しているため。広告宣伝費率を適正な水準に抑制できたことも利益拡大に資する見通し。第2四半期累計(21年10月-22年3月)は1.25億円の黒字(前年同期実績0.18億円の赤字)で着地した。《ST》

関連記事