タカショー 大幅反落で下落率トップ、8-10月期営業減益をマイナス視

2021年11月26日 10:30

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:30JST タカショー---大幅反落で下落率トップ、8-10月期営業減益をマイナス視
タカショー<7590>は大幅反落で下落率トップ。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は14億円で前年同期比25.0%増益に。基軸商品の「ホームヤードルーフ」などの売上が拡大のほか、海外でもe-コマースにおけるガーデニング用品の売上高が伸長しているもよう。ただ、8-10月期は2.3億円で同22.2%減と減益に転じているなど、市場期待値までの水準には達していない状況とみられる。《TY》

関連記事