霞ヶ関キャピタル 年初来高値、三菱HCキャピタルと物流施設開発事業で合弁契約締結/新興市場スナップショット

2021年11月26日 09:50

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:50JST <3498> 霞ヶ関キャピタル 6330 +540
年初来高値。三菱HCキャピタル<8593>と物流施設開発事業で合弁契約を締結したと発表している。霞ヶ関キャピタルが物流施設の開発を目的に新設した合弁会社ロジフラッグ・デベロプメント(東京都千代田区)株式の34%を三菱HCキャピタルが12月末までに取得する。今後3年間で総事業費2000億円規模の物流施設の開発を目指す。三菱HCキャピタルは当該事業の開発資金として300億-500億円の拠出を企図しているという。《TY》

関連記事