トーソーはローマンシェード「クリエティ ループレス」2021年度グッドデザイン賞を受賞!

2021年10月20日 16:35

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、ローマンシェード「クリエティ ループレス」で、2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。

■受賞の理由

 ローマンシェードのループする操作チェーンやコードは幼い子供への安全性が課題とされてきた。長年に渡りローマンシェードを国内に広めてきたトップメーカーが、その操作部分の安全性・操作性改善の為、これまでの昇降機構自体を見直した本製品の社会的意義は大きい。外観のシンプルさから、以前より多様なデザインのスクリーンに馴染むという点も素晴らしい。また、今後の同等製品への普及という意味でもその功績は高く評価出来る。

■製品の特長

 ループ状の操作チェーンやコードがないので、小さな子供のいる家庭でも安心安全の製品。操作も片手で簡単に行うことができ、安全性と使いやすさを両立している。見た目も、多様なスクリーンにマッチする、すっきりとした仕上がり。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事