協和キリン 75日線での強弱感対立もシグナルは好転しつつある

2021年10月20日 11:45

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:45JST <4151> 協和キリン 3760 +70
続伸。9月27日につけた4240円をピークに調整を続け、10月5日にはマドを空けての下落で75日線を割り込んだ。その後は同線が上値抵抗線として意識される一方で、3600円水準での底堅さが意識されるなか、75日線を突破する場面が見られている。強弱感が対立しやすい水準ながら、一目均衡表では雲下限での攻防から、雲上限を捉えてくるなどシグナルは好転しつつある。《FA》

関連記事