タカショー 急落、公募・売出による希薄化や需給悪化を懸念

2021年9月15日 13:25

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:25JST タカショー---急落、公募・売出による希薄化や需給悪化を懸念
タカショー<7590>は急落。252万2000株の公募増資、29万3500株の売出、並びに、42万2300株のオーバーアロットメントによる売出の実施を発表している。株式価値の希薄化や目先の需給悪化を警戒する動きが優勢になっている。発行する新株は最大で発行済み株式数の20%に当たる。調達資金は主に子会社を含む設備投資に充当するもよう。また、株主優待制度の変更も発表、ポイント数に応じて交換する商品はガーデニング関連商品に絞られる。《YN》

関連記事