マザーズ先物見通し:続伸、外部環境が好転で25日線が争点に

2021年7月26日 08:16

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:16JST マザーズ先物見通し:続伸、外部環境が好転で25日線が争点に
本日のマザーズ先物は続伸が予想される。23日の米国株式市場は、長期金利が再び上昇したため、新型コロナ流行再燃による景気回復鈍化への警戒感が後退し、寄り付き後、上昇。良好な企業決算も手伝い、終日堅調に推移した。来週に決算を控えているハイテク関連にも期待感から買いが向かい、主要株式指数は史上最高値を更新した。本日のマザーズ先物は、連休中の米国市場が大幅上昇しナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、続伸でのスタートが予想される。国内ではヤマトHD<9064>の業績が巣籠り特需で改善、さらなるEC需要の拡大に対応との記事を日本経済新聞が報じている。この報道により、BASE<4477>などEC関連銘柄が相場を下支えすることが期待される。日足チャートでは、1156.1ptにある25日線を抜けることができるかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1159.0pt、下値のメドは1100.0ptとする。《FA》

関連記事