林遣都、主演映画「犬部!」公開初日に共演した犬とキス

2021年7月25日 17:39

印刷

竹中雄大、大原櫻子、林遣都、中川大志、浅香航大、篠原哲雄監督(左から)©2021『犬部!』製作委員会

竹中雄大、大原櫻子、林遣都、中川大志、浅香航大、篠原哲雄監督(左から)©2021『犬部!』製作委員会[写真拡大]

  • ちえからペロリと感謝の〝チュー〟をされた林遣都©2021『犬部!』製作委員会

 俳優の林遣都(30)が22日、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「犬部!」の初日舞台挨拶に共演の中川大志(23)、篠原哲雄監督(59)らと出席。劇中で共演した愛犬から感謝のキスを贈られる場面があった。

【こちらも】映画「犬部!」メイキング映像公開 犬好き・中川大志の様々な表情にも注目

 原案は作家・片野ゆか氏のノンフィクション作品。北里大学獣医学部に実在した動物保護サークル「犬部」を設立した学生たちが、卒業後も捨て犬と捨て猫を殺処分から守ろうと奔走する姿を追った、青春群像劇だ。

 獣医学部の学生から獣医師となる動物好きの熱血漢の主人公を演じた林は、共演したミックス犬・ちえの演技について「階段を上り、部屋の扉を開けて柴崎(中川)と再会するシーンは、現場で撮影を見ていても完成した映像も見ていても感動するほどすごかった。ちえ、ありがとう」と絶賛。

 中川は「ちえが車の音に反応し移動して、吠えてから部屋に戻るシーンで、しっかりとルートを覚えてして芝居をしていたのが衝撃的だった。僕でもできないよ」と舌を巻いたことを明かした。

 挨拶の最後の写真撮影時、共演したちえを始め劇中で名演を見せた犬たちも登場。開幕直前だった東京五輪にちなみ、林がちえに向かい「ちえちゃん、あなたはこの映画の主役です。ありがとう、金メダル」と首に特製メダルをかけてあげると、気持ちが伝わったのか喜んだちえから顔をペロペロと舐めまわされる“キス”のお礼を受けた。

 また篠原監督も「動物の撮影は時間がかかると言われるけど、スムーズに進んだ。どのカットも素晴らしい」と仕上がりに自信を見せていた。

 挨拶には他に主題歌「ライフスコール」を歌うロックバンド、Novelbrightのボーカル・竹中雄大(25)も出席し、林からのリクエストに応え、同曲のワンフレーズをアカペラで披露し初日を祝った。(記事:斉藤蓮・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事