日経平均は657円安、寄り後は下げ幅拡大

2021年6月21日 09:10

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:10JST 日経平均は657円安、寄り後は下げ幅拡大
日経平均は657円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。先週末の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)がそろって下落し、ダウ平均が先週の5日続落で1000ドルを超す下げとなったことが東京市場の重しとなった。また、東京などで新型コロナの感染再拡大が懸念されていることなども、買い手控え要因となった。一方、今日から新型コロナの緊急事態宣言が9都道府県で解除されることに加え、ワクチンの職場接種も今日から本格的に始まることなどから、経済活動の本格再開への期待感が継続し、東京市場の株価下支え要因となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均は下げ幅を拡大している。《FA》

関連記事