こぐとスマホを充電できるブランコ 千葉・柏駅前に設置

2021年6月18日 17:46

印刷

記事提供元:スラド

千葉県柏市のJR柏駅前にスマートフォンが充電できるブランコが設置されたそうだ。人がブランコに乗って漕ぐことにより、内蔵の発電機でスマートフォンなどを充電でき、利用は24時間可能とのこと。もともとはオランダのユトレヒトにて始まった企画で、期間限定で設置したところ、好評だったことから継続して設置されたという経緯があるらしい(NHK柏アーバンデザインセンター松戸・柏イベント情報松戸経済新聞)。

柏駅周辺地域の街づくりを行っている柏アーバンデザインセンターが「Smile for Power Kashiwa」の一環として企画、オランダと同じブランコを別の企業が輸入した。柏市内の数か所を巡回する形で運用するという。第一弾は市内の柏神社に5月7日から27日まで設置され、今回は柏駅東口ダブルデッキ(旧そごう前)5月29日から7月30日まで設置される予定であるようだ。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
英ファッションデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド、ジュリアン・アサンジ解放を巨大な鳥かごの中で訴える 2020年07月23日
風刺画「顧客が本当に必要だったもの」、アナログゲーム化 2018年05月17日
米国が特許を先願主義に方向転換、世界特許への第一歩 2006年09月26日
米国特許が即日本特許に 2002年06月06日
子供の踊りに特許 2002年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県

関連記事