16日の日本国債市場概況:債券先物は151円77銭で終了

2021年6月16日 17:29

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:29JST 16日の日本国債市場概況:債券先物は151円77銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2021年9月限
寄付151円77銭 高値151円78銭 安値151円71銭 引け151円77銭
売買高総計18073枚

2年 425回 -0.125%
5年 147回 -0.110%
10年 362回 0.045%
20年 176回 0.435%

債券先物9月限は、151円77銭で取引を開始。夜間取引での軟調地合を引き継いだほか、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表やパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を前に買い控えがみられたことから、151円78銭から151円71銭まで下げた。その後、買い戻されて引けた。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.16%、10年債は1.49%、30年債は2.19%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.24%、英国債は0.75%、オーストラリア10年債は1.54%、NZ10年債は1.63%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・5月住宅着工件数(予想:163.0万戸、4月:156.9万戸)
・21:30 米・5月住宅建設許可件数(予想:173.0万戸、4月:173.3万戸)
・21:30 米・5月輸入物価指数(前月比予想:+0.8%、4月:+0.7%)
・21:30 カナダ・5月消費者物価指数(前年比予想:+3.5%、4月:+3.4%)
・03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表(政策金利は0.00-0.25%に据え置き予想)
・03:30 パウエル米FRB議長会見
・米ロ首脳会談《KK》

関連記事