ヤマダデンキが熊本に新コンセプト1号店、九州最大級の売り場で18日オープン

2021年6月15日 17:22

印刷

テック・ライフ・セレクト熊本春日店(ヤマダデンキ発表資料より)

テック・ライフ・セレクト熊本春日店(ヤマダデンキ発表資料より)[写真拡大]

 ヤマダデンキは、新コンセプト第1号店となる「Tecc LIFE SELECT(テック・ライフ・セレクト)熊本春日店」を、6月18日に熊本市西区春日でグランドオープンする。家電だけでなく、インテリア、生活雑貨など生活に必要な商品を幅広くそろえた店舗で、既存の「テックランドNew熊本春日店」を新コンセプトに合わせて一新した。

【こちらも】JR小倉駅の商業施設「ビエラ小倉」リニューアル、3階を先行オープンへ

 テック・ライフ・セレクト熊本春日店は、九州産交田崎車庫跡に2008年オープンしたテックランドNew熊本春日店を一新した店舗で、鉄骨3階建て延べ約1万8,000平方メートル。このうち、売り場面積は約8,500平方メートル。ヤマダデンキの店舗としては九州最大級となる。

 テック・ライフ・セレクトのコンセプトは「たのしい。くらしをシアワセにする、ぜんぶ」。家電以外の家具、インテリア、生活雑貨、日用品、リフォーム用品、ゲームなど幅広い商品を集めた総合型店舗として、新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要に対応する。

 郊外店ならではの広々としたスペースでゆったりとした買い物ができるようにしたうえ、ゲームコーナーなどに体験型ディスプレイを豊富に用意し、数多くの製品を体感してもらう。地域最大級の売り場面積を確保したインテリア売り場では、家電製品とのコーディネイトを提案する。

 1階はヤマダ不動産と駐車場、2階は家具、寝具、照明器具、インテリア、日用品、医薬品、キッチン用品など、3階はテレビ、冷蔵庫など家電製品、パソコン、スマートフォン、ゲーム、おもちゃなどの売り場が並ぶ。

 熊本春日店は新コンセプトの「テック・ライフ・セレクト」第1号店。ヤマダデンキは今後、このコンセプトの大型店を全国展開する考えだ。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードヤマダ電機新型コロナウイルス

関連記事