日経平均は37円高、寄り後は一時下げに転じる

2021年6月8日 09:12

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:12JST 日経平均は37円高、寄り後は一時下げに転じる
日経平均は37円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は、やや買いが先行した。国内で新型コロナワクチンの接種が進み、経済活動が正常化に向かうとの期待感が継続しているほか、米国株にやや高値警戒感が広がる中、日本株の相対的な出遅れが一部で指摘されていることなども株価支援要因となった。一方、このところ日経平均が2万9000円を上回る水準で上値を抑えられる展開となっていることが意識され、株価の重しとなったことに加え、米金融政策の行方を見極めるために10日発表の5月の米消費者物価指数(CPI)を確認したいとして積極的な買いを見送る向きもあり、寄り後、日経平均は一時下げに転じたが、その後は底堅く推移している。《FA》

関連記事