Jトラストのアジア法人が4月に続き裁判判決の一部履行として125万米ドルを受領

2021年5月14日 20:10

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今回の回収分は昨日開示した業績予想の増額修正には未反映

 Jトラスト<8508>(東2)は5月14日の17時30分、「開示事項の経過」を発表し、シンガポール共和国の控訴裁判所での訴訟判決の一部履行として、Jトラストアジアが相手方から125万米ドルを受領と発表した。

 これまでに6120万米ドル、および95万8169.05シンガポールドルを回収しており(21年4月30日付の同社「開示事項の経過」)、さらに、21年5月14日、当該判決の一部履行として125万米ドルを受領した。Jトラストアジアは、当該判決に基づく利息を含めた債権の残額の回収に向けて引き続き尽力していく方針とした。

■月次動向はJトラスト銀行インドネシアの貸出金残高など好調拡大

 Jトラストは5月13日に第1四半期の連結決算と今12月期の通期業績予想の大幅な増額修正を発表した。今回の受領、回収分は、この業績の修正予想には未反映としており、今後の更なる回収に期待が集まっている。14日には4月の月次動向も発表し、Jトラスト銀行インドネシアの貸出金残高などが好調に拡大している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事