【株式市場】日経平均は後場692円高まで上げ4日ぶりに大幅反発、2日ぶりに2万8000円台を回復

2021年5月14日 20:08

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万8084円47銭(636円46銭高)、TOPIXは1883.42ポイント(34.38ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億6620万株

 5月14日(金)後場の東京株式市場は、日本製鉄<5401>(東1)が一段と値を戻して始まり、トヨタ自<7203>(東1)は一段高で始まりジリ高などで主力株が強い。日経平均も一段高で始まり、そのままジリ高となって14時過ぎに691円95銭高(2万8139円96銭)まで上げた。大引けも大幅高のまま4日ぶりの反発となり、2日ぶりに2万8000円台を回復した。

 後場は、レーザーテック<6920>(東1)が米半導体株の反発に乗って一段ジリ高。正午に決算を発表した鹿島<1812>(東1)、13時50分に決算を発表したヤクルト本社<2267>(東1)などが一段高。那須電機鉄工<5922>(東2)、ヘッドウォータース<4011>(東マ)、フクダ電子<6960>(JQS)などは大引け後の決算発表に期待と動意が強まった。

 東証1部の出来高概算は12億6620万株(前引けは6億1171万株)、売買代金は2兆8867億円(同1兆4171億円)。1部上場2192銘柄のうち、値上がり銘柄数は1790(前引けは1905)銘柄、値下がり銘柄数は347(同250)銘柄。

 また、東証33業種別指数は29業種(前引けは30業種)が値上がりし、値上がり率上位は、精密機器、その他金融、その他製品、陸運、金属製品、小売り、保険、情報/通信、電機機器、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事