インドネシア海軍の潜水艦が沈没 乗組員は全員死亡と判断

2021年4月26日 17:02

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 インドネシアのバリ海峡で演習に参加していた同国の潜水艦「KRIナンガラ402」が現地時間21日午前3時以後、交信が途絶え消息不明となっている(CNN, BBC, AFP)。同艦は1978年に建造されたドイツ製の209型潜水艦の一隻で、2010年には韓国で改良工事が施されている。

 インドネシア海軍は25日、記者会見で探査機による音波による画像解析の結果、水深およそ840メートルの地点で、船体が3つに割れているのが確認されたと発表した。軍は状況から乗組員53人について全員、死亡したと判断したとしている。インドネシア海軍は今後、潜水艦の残骸を引き上げ、原因の究明を行うとしている(NHKANNnewsCH[動画])。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | ニュース

 関連ストーリー:
自衛隊潜水艦、浮上中に民間商船と衝突する事故 2021年02月09日
フランス受注のオーストラリア次期潜水艦、建造計画が難航。代替策に現コリンズ級改修案が浮上 2021年01月28日
軍事パレードに突然現れた北朝鮮版軽装甲機動車、中身が「4代目パジェロ」だったらしい 2021年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ韓国インドネシア

関連記事