ロイター、サブスクリプション導入計画を発表

2021年4月17日 16:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Reuters Newsは15日、新デザインのホームページを公開するとともにサブスクリプションプランの導入計画を発表した(Reutersの記事Reuters Media Centerの記事The Vergeの記事)。

新しいReuters.comは世界的な既存の読者層に加えてプロフェッショナルを引き付けるべくデザインされており、月額のサブスクリプション料金は34ドル99セント。現時点で課金の開始時期は未定だが、既にwww.reuters.comで無料閲覧可能な記事は5本までとなっており、5本を超えるとサインアップが要求される。サブスクリプション導入を発表する記事はニュースリリースではなく通常の記事になっているため、既に5本以上の記事を閲覧している場合はサインアップしなければ閲覧できない。一方、日本向けのjp.reuters.comに新デザインは適用されておらず、現在のところ記事の閲覧本数に制限はないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | インターネット | IT | お金

 関連ストーリー:
Google、ニュースパブリッシャーとのライセンスプログラム「Google News Showcase」をオーストラリアで開始 2021年02月08日
Google、オーストラリアでのサービス提供を取りやめると脅して法案修正を求める 2021年01月24日
Googleが有料ニュースを無料で読めるサービス提供を予定 2020年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサブスクリプション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース