NY原油:続伸で60.18ドル、米長期金利低下やユーロ高を意識した買いが入る

2021年4月14日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:続伸で60.18ドル、米長期金利低下やユーロ高を意識した買いが入る
NY原油先物5月限は、続伸(NYMEX原油5月限終値:60.18 ↑0.48)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比+0.48ドルの60.18ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは59.64ドル−60.59ドル。米長期金利の低下やユーロ高を意識した買いが入った。ただし、原油の需給関係がただちにひっ迫するとの見方は少ないことから、60ドル台後半には戻り売りの興味が残されているようだ。《FA》

関連記事

広告