キヤノンが一段高で4日続伸、「ポスト5G」開発への参画などに注目集まる

2021年4月12日 09:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■22年3月期の業績一段回復に期待強まる

 キヤノン<7751>(東1)は4月12日、一段高で始まり、取引開始後は2627.0円(51.0円高)まで上げて4日続伸基調となり、昨年1月以来の2600円台に進んでいる。

 前週末のNY市場で米半導体関連株などとともに上げたほか、SCREENホールディングス<7735>(東1)グループ、東京エレクトロン<8035>(東1)とともに、国立研究開発法人:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先端半導体製造技術の開発(助成)」の応募テーマ「先端半導体の前工程技術(微細化技術)の開発」に採択されたことなどが材料視されている。

 業績は2020年3月期に大きく落ち込んだが、21年3月期は回復に転じる見通し。22年3月期の一段回復がどの程度になるか注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
うかいは下値切り上げ、2月売上は1月に比べて減収幅縮小、22年3月期収益回復期待(2021/03/23)
ティムコは上値試す、アウトドア人気で21年11月期収益改善期待(2021/03/23)
【注目銘柄】クニミネ工業は業績再上方修正をテコに景気敏感株人気を強めて続伸(2021/03/03)
巴工業は上値試す、21年10月期営業・経常減益予想だが上振れの可能性(2021/03/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告