【株式市場】半導体株など後場持ち直すが東京都の「蔓延防止措置」など影響し日経平均は戻しきれず小幅反落

2021年4月8日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万9708円98銭(21円81銭安)、TOPIXは1951.86ポイント(15.57ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億3446万株

 4月8日(木)後場の東京株式市場は、日本製鉄<5401>(東1)が下げ幅を縮め、朝方軟調だった東京エレクトロン<8035>(東1)は一段と強含んだ。ただ、東京都の「蔓延防止等重点措置」要請表明などを受け、引き続き個別物色の印象が強く、日経平均は持ち直しながら大引け間際に14円高(2万9744円79銭)まで浮上したものの、大引けは軟化し小反落となった。

 後場は、武蔵精密<7220>(東1)とヒーハイスト<6433>(JQS)が一段高となり、ホンダ<7267>(東1)のF1レーシングチームに期待の様子。毎日コムネット<8908>(東1)や第一興商<7458>(東1)はTOPIX(東証株価指数)構成銘柄の浮動株比率の定時見直しを材料視。ウイルコHD<7831>(東2)は第1四半期黒字化などへの評価が再燃とされ一段高。はコロナ禍が事業に追い風とされ一段高。

 新規上場のアイスコ<7698>(JQS)は、10時22分に公開価格2000円を45%(900円)上回る2900円で初値をつけ、高値は前場の2970円。後場はさえず大引けは2620円。

 東証1部の出来高概算は11億3446万株(前引けは5億3888万株)、売買代金は2兆5445億円(同1兆1602億円)。1部上場2190銘柄のうち、値上がり銘柄数は285(前引けは247)銘柄、値下がり銘柄数は1883(同1914)銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種(前引けは5業種)が値上がりし、海運、その他製品、機械、精密機器、が高かった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース