新電力大手のF-Powerが経営破綻、電力価格高騰による初の倒産

2021年3月26日 08:08

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 新電力大手のF-Powerが24日、東京地裁に会社更生法を申請した。負債総額は約243億円(東京商工リサーチSankeiBiz日経新聞)。

F-Powerは新電力の中では大手で、2018年には業界1位だったが、その後はやや落ち込んで2020年は10位となっている。今冬の電力価格高騰で資金繰りに行き詰まったという。一連の電力価格高騰では初の経営破綻とみられる。

電力供給については今のところ支障はないとしており、今後は複数のスポンサー候補の下で再建を目指すとしている。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
新電力、電力の卸値高騰などから新規契約停止や事業休止などの動き 2021年01月27日
経済産業省、インバランス料金の上限を200円/kWhに設定。新電力を救済へ 2021年01月19日
JEPXの電力取引価格が高騰、契約によっては請求金額が前年同期比2倍以上になる可能性も 2021年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京商工リサーチ倒産

関連記事