アンジェスは新型コロナ治療薬の共同開発に注目集まり戻り高値に進む

2021年3月19日 15:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■共同開発するカナダ・バソミューン社が助成金を受けたと発表

 アンジェス<4563>(東マ)は8月19日、反発基調となり、前場は1232円(74円高)まで上げ、後場も13時にかけて1200円(42円高)前後で推移。このところの出直り相場で高値に進んでいる。

 18日付で、新型コロナ感染症の治療薬を共同開発するカナダのバソミューン社(Vasomune Therapeutics)が同国政府から助成金を受けたことなどを発表し、注目された。アンジェスは新型コロナワクチンについて国内で臨床試験を進めており、ワクチンと治療薬の両方で株価材料になる可能性が出てきた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】値ごろ妙味のPBR1倍割れの証券株は「閑散に買いあり」となるか?(2020/08/11)
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
Delta-Fly Pharmaは新規抗がん剤の開発目指す(2020/09/30)
【特集】株式分割・配当の権利取りからトライへ(2020/09/23)
【特集】経済活動の再開を両立させる関連株として証券株に注目(2020/09/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング