米国株見通し:小反発か、雇用統計の改善を好感も

2021年3月5日 15:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:10JST 米国株見通し:小反発か、雇用統計の改善を好感も
(14時50分現在)
S&P500先物      3,767.38(+1.88)
ナスダック100先物  12,456.50(+1.50)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は10ドル高。NY原油先物(WTI)も続伸し、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


4日の取引で主要3指数は3日続落。ダウは下げ幅を縮小したものの、300ドル超安で31000ドルを割り込み、ナスダックは前日に続き2%超売り込まれた。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長はこの日、足元の金利高について特にけん制しなかったため、10年債利回りは一時1.55%台に浮上するなど騰勢を強めた。それを受け、ハイテク株が下げを主導する展開に。ただ、原油高でエネルギー関連が買われ、ダウの一段の下げを抑制している。


本日は買戻し先行か。大幅続落に伴う自律反発が期待され、雇用統計にらみの展開に。今週発表された雇用関連指標は予想よりも悪化が示され、今晩も失業率と平均時給はほぼ前回並みの内容が予想される。ただ、非農業部門雇用者数は前月比+20.0万人と前月の+4.9万人から大幅な改善が見込まれ、想定に沿った内容なら買い材料となろう。原油高により、エネルギー関連への買いも継続の見通し。ただし、週末に向け調整の売りも出やすく、上昇は小幅にとどまりそうだ。《TY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース