【株式市場】米金利上昇の再燃など受け日経平均は次第安となり一時2万9000円を割る場面が

2021年3月4日 12:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万9004円41銭(554円69銭安)、TOPIXは1880.59ポイント(23.95ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億2021万株

 3月4日(木)前場の東京株式市場は、このところ米国株が下げる時の要因になっている米金利上昇の再燃などを受け、株価指数の先物が先行安し、日経平均は360円安で始まった後も次第安となった。海運株や不動産株は高く、景気敏感株の出遅れ買いは継続したが、日経平均は前引け間際に573円08銭安(2万8986円02銭)まで下押した。

 リコー<7752>(東1)が発行株数の2割規模の自社株買いなど好感され買い気配のままストップ高。三井不<8801>(東1)などの不動産株は東京都の外側を走る「国道16号前線」沿いの開発が最近活発と伝えられて高く、ケイアイスター不<3465>(東1)など郊外型住宅株の一角も高い。ビットワンG<2338>(東2)はビットコイン5万ドル回復などで再び出直り一時ストップ高。Kudan<4425>(東マ)はソフト業界で信頼性の高さを現す「embedded award 2021」スタートアップ部門最優秀賞の受賞が注目され急伸。ナトコ<4627>(JQS)は業績予想の増額修正が好感され一時ストップ高。日本銀行<8301>(出資証券・JQS)はアベノミクス開始以来買い上げてきた資産がすべて利食い状態とされ連日ストップ高。

 東証1部の出来高概算は6億2021万株、売買代金は1兆2479億円。1部上場2194銘柄のうち、値上がり銘柄数は337銘柄、値下がり銘柄数は1724銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種の値上がりしにとどまり、海運、不動産、水産農林、その他金融、が高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング