納豆人気が続く 購入額では水戸市が5位に転落へ

2021年3月1日 17:19

印刷

記事提供元:スラド

食品新聞によると、2020年以降は納豆の需要がずっと高いままらしい。一時期はブームになったこともある納豆だが、2019年にはいったん沈静化、そのときに工場の稼働率が低下したという。しかし、昨年の2月に健康番組で紹介されたこと、コロナ禍も重なったこともあり、昨年の春には品不足になったそうだ。年明けに入っても林修の番組で紹介されたことで、需要が再び増加しており、出荷調整を余儀なくされる状況にあるという(食品新聞)。

なお納豆の総本山として知られる茨城県水戸市だが、総務省が2月5日に公表した家計調査によると、「納豆」購入額で2019年の全国2位から昨年は5位に転落しているそうだ。1位は2年連続で福島市。(1世帯あたり7251円)、2位は山形市(同6543円)、3位は盛岡市(同6460円)、4位は仙台市(同6228円)。5位の水戸市は6061円とのこと(FNN)。

ちなみに1位から3位は全て東北で、雪深くなって流通が機能しにくくなりやすいことから、非常食的なタンパク源として利用されているらしい。水戸市はこの順位に危機感を持ってはいるようだ(水戸経済新聞)。 

スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
長崎大ら、天然アミノ酸の5-ALAが新型コロナウイルスの増殖を抑制するとする研究 2021年02月10日
令和納豆が再び炎上か。パス剥奪時の動画が上がる 2020年12月02日
宇宙ベンチャーが高高度気球により「雲の遥か上を滑空する水戸納豆」を撮影 2020年10月06日
「究極の納豆」調製器、リニューアルして「究極のNTO」として再発売 2018年09月04日
菌糸から作られる代用肉、売り上げは増加中 2018年02月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省茨城県

関連記事