大阪金概況:下落、米長期金利上昇で売られやすい地合いが継続

2021年2月25日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、米長期金利上昇で売られやすい地合いが継続
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:6117円(前日日中取引終値↓22円)

・推移レンジ:高値6152円-安値6117円

25日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は下落した。米長期金利が上昇しており、金利のつかない資産である金の相対的な魅力低下が意識され、金先物は売られやすい地合いが継続している。一方、このところ株価が高値圏で値動きがやや大きくなっていることから、将来の株価急変動を警戒するムードもあり、安全資産とされる金を見直す動きも指摘され、今日の金先物は下げ幅は限定的だった。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース