ライフ RSS

 

ロシアで鳥インフルエンザH5N8亜型のヒトへの感染確認

2021年2月23日 17:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ロシアの衛生当局は20日、「H5N8亜型」の鳥インフルエンザウイルスが鳥からヒトへの感染が確認されたと発表した。ヒトへの感染が確認されたのはこれが初めてであるとされる。H5N8亜型は日本でも野鳥や養鶏場で飼育された鳥への感染が報告されている(日経新聞読売新聞AFPBB NewsFNNプライムオンライン)。

感染は昨年12月に起きたとされ、南部アストラハンにある養鶏場の従業員7人からウイルスが検出されたとしている。このH5N8亜型は鳥に対しては感染力も致死率が高いとされているが、ロシアで感染した7人は症状は軽くすでに回復しているとのこと。ロシア消費者権利保護・福祉監督庁のアンナ・ポポワ長官はウイルスがヒトからヒトに感染する力のない段階で見つけられたのは「重要な科学的発見」だとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
韓国で猫への鳥インフルエンザ感染が確認される 2017年01月04日
東山動植物園で高病原性鳥インフルエンザ発生、一部の鳥は殺処分 2016年12月17日
WHO、病名に地名や人名、動物名を使うことを避けるよう指針を公表 2015年05月13日
米政府、インフルエンザウイルスなどを改変する研究への支援を止める方針 2014年10月25日
ヒトの免疫系を回避できる新型鳥インフルエンザウイルスが開発される 2014年07月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア鳥インフルエンザ

関連記事

広告