欧州為替:ドル・円は弱含み、200日移動平均線を下抜け

2021年2月19日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:14JST 欧州為替:ドル・円は弱含み、200日移動平均線を下抜け

欧州市場でドル・円はじり安となり、105円30銭台に値を下げている。米株式先物がプラスに転じ、リスクオフのドル買いが縮小。ドル・円は下値支持線とみられていた200日移動平均線(105円51銭)を下抜け、105円前半に。ただ、クロス円は下げ渋り、ドルは大幅安を回避。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円31銭から105円62銭、ユーロ・円は127円74銭から127円94銭、ユーロ・ドルは1.2108ドルから1.2033ドル。《TY》

関連記事

広告