銚子電鉄の駅舎でドアが破壊され現金2400円が盗まれる

2021年2月13日 19:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

慢性的な経営危機で知られる銚子電鉄で空き巣被害があったそうだ。被害が起きたのは同電鉄の犬吠駅。9日午後5時~10日午前8時ごろに同駅のドアが破壊されており、机の引き出しから売上金の一部の現金約2400円などが盗まれていた。この駅は週末以外は無人駅として運用されている模様(銚子電鉄公式Twitter朝日新聞日刊スポーツ)。

銚子電鉄側は盗難事故に対して「非常に残念としか言えない」と話しているという。被害としては盗まれた金銭そのものよりも、破壊されたドアの修理費用の方が高く付きそうであるが、銚子電鉄の公式Twitterによれば、銚電魂によりドアは自前で修理しており、仮復旧させた状態にはなっているそうだ(銚子電鉄公式Twitterその2)。 

スラドのコメントを読む | 犯罪 | 交通

 関連ストーリー:
脱線により故障した銚子電鉄車両の修理費を地元高校生が集める 2014年11月27日
「現代用語の基礎知識 2008」掲載の「はてなダイアリーキーワード」発表 2007年11月15日
銚子電鉄に桃鉄が登場 2007年04月25日
津軽鉄道のレール・オーナー募集 2007年02月11日
銚子電鉄、SOS 2006年11月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース