Zoom使用のリモート裁判、弁護士が猫の姿で出廷のトラブル 米で

2021年2月12日 07:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Zoomを使用してリモートで開廷した米テキサス州地方裁判所の審理で、弁護士がビジュアルフィルターを解除できずに猫の姿で出廷するトラブルが発生したそうだ(Mashableの記事The Vergeの記事The Guardianの記事動画)。

このフィルターは猫耳などパーツを追加するようなものではなく、弁護士は猫にしか見えない姿で画面に登場した。Roy Ferguson判事がフィルターについて指摘すると、弁護士はアシスタントとともに解除を試みたができなかったと返答。自分は弁護士であり、猫ではないと釈明した。続いて判事はフィルターの解除手順を説明したようだが、動画は途中で終わっている。

判事はこのトラブルについて、子供がコンピューターを使用したら審理に参加する前にオプションを確認してフィルターをオフにしておくようツイートし、動画は教育目的で公開したものであり、弁護士をからかう目的で使用するべきではないなどと釘を刺している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 法廷 | 変なモノ | インターネット | idle | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
あなたをがっかりさせた2020年のテクノロジーは? 2020年12月31日
Twitterのアカウント侵害事件、米国で起訴された英国の被告は逮捕されていない 2020年08月08日
「Zoom」で死刑宣告 2020年05月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判弁護士

関連記事

広告