ルネサス、英ダイアログ・セミコンダクターを買収

2021年2月9日 17:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ルネサス エレクトロニクスは8日、半導体設計を行う英Dialog Semiconducto(ダイアログ・セミコンダクター)を買収すると発表した。2月7日には買収交渉が行われているといった報道が複数媒体から出ていた。買収金額は約49億ユーロ(約6157億円相当)としている(ルネサス エレクトロニクス日経新聞EE Times Japan)。

ダイアログ・セミコンダクターは5G関連の技術や低電力技術などを持つ。ルネサスはこの技術を用いてIoT、産業、自動車分野での新たなソリューション提供力を強化していくという。日経新聞によれば、ルネサス側は米中摩擦車載半導体の不足などの環境の変化から、現在の主力である自動車向けから、今後の成長が期待できる5G分野に経営資源を集中していく考えをもっているという。

この発表を受けて、ルネサス株は一時前週末比6.9%安となり急反落している。Bloombergによれば、ルネサスの財務への負担を懸念した値動きであるとのこと(Bloomberg)。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | ニュース

 関連ストーリー:
半導体製造装置市場、スーパーサイクルと呼ばれる活況に 2021年02月06日
国内外共に自動車業界で操業停止が相次ぐ。半導体不足により 2021年01月18日
Google、規制当局を無視してFitbit買収の完了を発表 2021年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード買収半導体

関連記事