ホンダ、「N-VAN」をマイナーチェンジ 安全性能を向上 新色追加

2021年2月6日 10:41

小

中

大

印刷

マイナーチェンジを受けたホンダ・N-VAN(画像:本田技研工業の発表資料より)

マイナーチェンジを受けたホンダ・N-VAN(画像:本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは4日、軽バン「N-VAN」のマイナーチェンジを発表し、5日に発売した。今回のマイナーチェンジでは、先進安全運転技術である「Honda SENSING」を全グレードに標準装備するほか、オートハイビームを一部グレードに追加するなどの改良を行なっている。

【こちらも】ホンダアクセス、N-BOX向けの純正アクセサリー発売 子育てママをターゲットに

 N-VANは2018年に販売がスタート。「N-BOX」から始まったホンダの軽自動車群である「Nシリーズ」の第5弾であり、商用車として新車市場に登場した。だが抜群の荷室空間と、N-BOXをベースとした洗練された見た目などから、乗用車として活用するユーザーも多く見られる。今後も軽商用車にとどまらない活躍を期待できる1台だ。

 今回のマイナーチェンジで目立つのは、「Honda SENSING」やオートハイビームの採用グレード拡大、カラーリングの追加である。「Honda SENSING」は全グレードへの標準装備が決まっており、オプションなしで事故のリスクを下げるための機能を使える。衝突軽減ブレーキや誤発信抑制機能など、多くのホンダ車に採用されたサポートをN-VANで受けられるメリットは、大きいだろう。

 G・Lグレードにはオートハイビームも追加されるなど、N-VANはマイナーチェンジにより、多くのユーザーがさらに安心して使えるようになった。

 +STYLE FUNには、「フレームレッド」「サーフブルー」の2色を追加。個性の強い色を新たに選べるため、おしゃれにこだわる人も要注目である。

 マイナーチェンジ後のメーカー希望小売価格は、127万6000円~187万2200円。

関連記事

広告