パナソニック、太陽電池生産から撤退へ 2021年度内に

2021年2月4日 15:42

印刷

記事提供元:スラド

パナソニックは1日、2021年度中に太陽電池の生産から撤退すると発表した(プレスリリース[PDF]NHK家電 WatchSankeiBiz)。

撤退理由として太陽電池の価格下落により、価格競争力の維持が困難となった点、中国メーカーとの投資競争が続いた結果、2016年度から赤字が続いていたことなどが挙げられている。太陽電池セルは他社から仕入れることにより、パナソニックブランドでの太陽電池製品の販売は続けられるという。

同社の持つマレーシア工場と島根工場での太陽電池の生産を終了させる。マレーシア工場については、建物、土地などの資産については譲渡を検討しており、置いていた現地法人も清算するとしている。島根工場に関しても年度内に太陽電池セルの生産を終息。太陽電池製品用のパワーコンディショナ、蓄電池などの生産は継続する。 

スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
新型コロナワクチン用の保冷庫、政府が約2万台の確保にめど 2021年01月29日
パナソニック、新鮮な次亜塩素酸を生成できるという携帯除菌スプレー 2021年01月14日
パナソニックも不織布マスクの通信販売に参入 2021年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国パナソニックマレーシア蓄電池

関連記事