Twitter、アクセスログの保存は2カ月だけか

2021年2月3日 16:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 令和2年(ワ)第1995号 発信者情報開示請求事件の裁判の過程で、Twitterが個々の投稿におけるIPアドレス等のログを保存していないことが分かった(令和3年1月14日判決言渡[PDF])。

 裁判の内容は本筋ではないので触れないが、Twitterに投稿した写真に関する著作権侵害訴訟の一つであるようだ。裁判の過程でTwitterに対してはIPアドレスの開示が求められたが、裁判の口頭弁論資料によると

 なお,ツイッター社は,個々の投稿に係る IP アドレス等のログを保存しておらず,また,ログインに係る情報についても,直近2か月分程度のログしか保存していないことがうかがわれる。

 とあり、IPアドレス等のログを保存していないだけでなく、ログイン情報に関しても保存期間が2か月しかないことが指摘されている。ちなみに刑事訴訟法では60日のログ保存が求められているようだ(「結局アクセスログってどれくらい保存しておけばいいの?」に答える関係法令)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 法廷 | Twitter

 関連ストーリー:
男女マークが描かれた女子トイレを誤って利用した男性に無罪判決 2021年01月24日
Twitterで「いいね」を押したことで中傷ツイートを拡散した責任問う裁判が開始 2020年10月23日
NURO光、1年間の使用料割引キャンペーンに対し、会社側都合で工事を1年間延期し、通常料金を請求 2020年09月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害Twitter裁判

関連記事

広告