映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス主演 - “認知症の父”の視点で描く、老いの喪失と親子愛

2021年2月2日 17:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アンソニー・ホプキンス主演、映画『ファーザー』が2021年5月に全国公開される。

 映画『ファーザー』は、老いによる喪失と親子愛を、“認知症の父”という画期的な視点で映し出した感動作。映画化にあたっては、原作『Le Père』の著者であり、ロンドンのタイムズ紙が「現代において最も心躍る劇作家」であると謳う、フロリアン・ゼレールが自身初の長編初監督としてデビュー。またアカデミー賞受賞歴を持つ、脚本家クリストファー・ハンプトンが、共同脚本を務めた。

■キャスト

■30年ぶりオスカー受賞となるか?アンソニー・ホプキンスが主演に

 主演に抜擢されたのは、2020年に83歳を迎えた名優アンソニー・ホプキンス。ホプキンスが自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親役という異例の設定で、「自分の父をそのまま演じた」と語るその演技は、早くも各映画祭への賞レースに参戦。『羊たちの沈黙』レクター博士役以来、30年ぶりとなるアカデミー賞主演男優賞を期待されている。

■オリヴィア・コールマンが共演

 またそんな認知症の父親を介護する娘役には、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した英国女優オリヴィア・コールマン。その徹底した役作りで知られる彼女だが、本作では記憶と現実が崩れゆく父を想いながら、新たな人生を踏み出す娘を繊細かつリアルに演じ切る。

【詳細】
映画『ファーザー』
公開時期:2021年5月
監督:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール(『Le Père』)
出演:アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、イモージェン・プーツ、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・ウィリアムズ

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード認知症アンソニー・ホプキンス女王陛下のお気に入り

関連記事

広告

財経アクセスランキング